WEB進学説明会はこちらから
留学@JP

節分せつぶんってなに?(日本語にほんご・中文・Tiếng Việt)

2021/02/02

言語げんご → 中文 / Tiếng Việt

みなさん、こんにちは!
今日きょう日本にほん伝統でんとうの1つ、『節分せつぶん』を紹介しょうかいします!

節分せつぶんは、「みんなが健康けんこうしあわせにごせますように」という意味いみをこめて、わるいものをわれています。
おにそとふくはうち」といながらまめまきをします。

 

おにそとふくはうちってなんですか?』
日本にほんではむかしからわるいものを「おに」とんでいました。
わるいもの=おに」をいえからす → おにそと
家族かぞくみんながしあわせにごす → ふくはうち
ということで、「おにそとふくはうち」といます。

 

『どうしてまめをまくの?』
まめをまくのは、ずーっとむかしに、おにまめでやっつけたつたえがあるそうです。
また、そのまめとし年齢ねんれい)のかずだけべると、からだ丈夫じょうぶになって病気びょうきになりにくいそうです!

 

恵方巻えほうまきべよう!』
節分せつぶんには晩御飯ばんごはんに「恵方巻えほうまき」をべます。
恵方巻えほうまきとういのは7種類しゅるい具材ぐざい使つかった太巻ふとまきのことです。
(※太巻ふとまき=のりでごはんと具材ぐざいいたお寿司すし
べるときはそのとしめられた恵方えほう方角ほうがく)をいて、ねがごとをしながら一言ひとことはなさずにべると、ねがごとがかなうともわれています!
ちなみに今年ことし恵方えほう方角ほうがく)は「南南東なんなんとう」になりますよ!

 

これが日本にほん伝統でんとう節分せつぶん』というものです。
いま日本にほんにいるひと恵方巻えほうまきまめって、節分せつぶんたのしんでみましょう!

ページの先頭へ